FX損切りに失敗し借金して自己破産。FX損切りの重要性

世界経済の先行きが怪しくなってきました。

機械的にドル円クロス円をタイミングを見て買っていたら儲ける事が出来る時期もありましたが昨今は違います。

買う時期を間違えても

「円安になれ」

とお祈りをしていたら損をせずに儲ける事が出来た時期もあります。

FXを始めたのがアベノミクス以降の人は損切りが苦手でお祈りがクセになっている人も多いのではないでしょうか?

しかしお祈りをして儲ける事が出来る時期は終わりました。

これからはあなたの本当の実力が試される時です。

僕もFXをしていた時期がありました。

含み損を抱えていてもお祈りをしていたら損失が出ずに儲けを出す経験をしたことがあります。

この間違った成功体験がFXで1500万円の借金をし自己破産したキッカケの一つになっています。

皆さんは僕と同じ過ちをせずに資産を築くことを願っています。

資産を築くために損切りの重要性を今一度、頭に叩き込んで下さい。

FXで失敗しないために損切りは重要

FXや仮想通貨、株取引などトレードの世界では損切りはとても重要です。

損切りに失敗し一発退場になることもあります。

一発退場にならなかったとしても大きな損失を出してしまうとメンタルに大きな影響を及ぼしてしまいます。

精神的なダメージを限りなく小さくするためにもFX、仮想通貨、株取引などのトレードの世界では損切りは重要なのです。

トレードの世界で生き残るにはメンタルを保つことが重要

トレードの世界で生き残るにはメンタルが最重要事項になります。

そしてメンタルを保つためには1回のトレードで大きな損失を出さないことが重要になります。

大きな損失を出さないためには損切りが必要になってきます。

大きな損失を出すと平常心ではいられない

大きな損失を出すとフラットな気持ちで平常心を保つことが難しくなります。

たとえ資金力があっても

『今日の損失で1ヶ月分の利益が飛んでしまった』

など今まで築いてきたものが一瞬で吹っ飛んでしまうと気持ちが落ち込んでしまうものです。

1度、落ちてしまったメンタルを上げるにはまた利益をあげることが1番の近道です。

ただしすぐに結果を出そうと焦りを生み損失を膨らませてしまうこともあります。

僕も損切りの失敗で利益を吹き飛ばした

僕はFXで失敗し自己破産しています。

FXで利益を出している時期がありましたが損切りの失敗で平常心を保つことが出来ずどんどん利益を吹き飛ばしていきました。

一時期は1500万円ほどの資金がありました。

そんな時に損切りに失敗し大きな損失を出します。

それでもまだ資金は1000万円以上は残っていたので焦る必要はなかったのです。

けど僕はすぐに損失を取り返したいと焦ってしまい損切りができなくなり含み損が膨らんだ時はお祈りを始めます。

お祈りは成功した時もありましたが含み損が膨らみ結局、決済

気がついたら自己破産していました。

含み損を抱えた時のお祈りは危険

含み損を抱えてしまった時のお祈りは大変、危険です。

結果、エントリーのポジションに戻ってきて損失を出さないこともあります。

けどお祈りをしている時点でそのトレードは失敗しているのです。

想定していた動きを外れているのですから

損切りをするタイミングを失い損失が膨らむ未来が見えます。

トレード中に損切りラインは変えてはいけない

ほとんどの人がエントリーを行いポジションを取る際に損切りのラインを決めると思います。

長いことトレードを行なっているとエントリーしてすぐに損切りラインに触れてしまう事があります。

そんな時にスケベ心で損切りラインを変えたくなるかもしれませんが潔く損切りして下さい。

大抵の場合、傷口が広がり手の施しようがなくなってしまいます。

特に損切りはマイルールを貫くことが重要なのです。

損切りを甘く見ていると僕のように負債を抱えます。

どんなFXや仮想通貨、株取引などトレード系の参考書にも損切りの重要性は書いてあります。

損切りは初歩的なことですがトレードを長く続けるほど難しさに気づきます。

慣れてくると初歩的な事が疎かになりがちですが損切りはとても重要です。

損切りを制す者がトレードを制すと言っても過言ではありません。

僕のようにFXで借金をしたくなければ損切りだけは徹底してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました