借金が返せない辛い苦しい逃げ出したい時に読むブログ

お金がない。

生きていくだけで精一杯

生活が苦しいので借金をしてしまった。

競馬が好き

競艇が好き

パチンコが好き

ギャンブルがやめられない

お金がないけどギャンブルは楽しいから借金をしてしまった。

風俗が好き

飲み歩くのが好き

旅行に行きたい

遊ぶお金が欲しくて借金をしてしまった。

カバンが欲しい

時計が欲しい

洋服が欲しい

その場での物欲が止められずいつの間にかリボ払いが限度額に達してしまった。

借金をする理由は人それぞれでしょう。

理由は人それぞれですが借金がある人の気持ちは同じです。

それは

辛い苦しい

借金の金額が大きければ

全てを捨てて逃げ出してしまいたい。

そんなマイナスの感情に包まれている人が多いことでしょう。

マイナスの感情は日々、膨れていきます。

あなたの心を蝕み支配します。

あなたの心が借金に支配されるその前に問題を解決するためあなたは行動しなければいけません。

借金が辛い苦しいなら全力で借金を返すか借金減額の手続きをしよう

借金によるマイナスの感情から抜け出す方法は2通り

マイナスの感情から脱却するには全力で借金を返す

もしくは手続きを行い借金を減額or0にしてもらうしかありません。

借金を返すエネルギー気力があるのなら全力で返そう

借金を返すことが可能であれば返してください。

借りたお金を返すのは当たり前の行為です。

まだ借金の規模がそこまで大きくなく返せる額であればしっかりと返済を行ってください。

借金の額が大きければ手続きを行い借金減額または0にする。

お金を返す行為はかなりのエネルギーと気力が必要です。

借金の額が膨れ上がりとても返すだけのエネルギー、気力が残っていない人もいるでしょう。

その場合は手続きを行えば借金は減額または0になります。

借金を返せてもあなたが潰れてしまっては本末転倒、意味がありません。

引け目を感じるかもしれませんがお金を借りたあなたに認められている行為です。

恥ずかしいことでもありません。

借金を返すことが難しければあなたが潰れてしまうその前に手続きを踏んでください。

借金減額の手続きを債務整理と言います。

債務整理には自己破産、個人再生、任意整理、過払金請求があります。

僕もFXで1500万円の借金を作り債務整理(自己破産)を行った

僕はFXで失敗し1500万円の借金を作りました。

1500万円まで借金が膨れ上がると毎月の返済は20万近くになり普通の会社員の僕には返すことが不可能な数字になってしまいました。

1500万円の借金がある頃は日に日に死にたい気持ちが強くなりマイナスの感情に支配されていました。

けど死ぬことは出来ませんでした。

普通に怖かったです。

普通の生活をもう一度、手にするために僕は自己破産する道を選びました。

あの時に自己破産することを決意して本当に良かったと思っています。

当時は精神状態が異常でしたから死ぬことが怖くても何か犯罪に手を染めていたかもしれません。

今、変わりばえしない普通の生活を送ることが出来るのは自己破産したおかげなのです。

借金に正面から向き合うのでなく逃げる(債務整理する)選択も持って

借金は返すことは当たり前の行為ではあります。

しかし借金が膨れ上がってしまい精神状態を圧迫してしまうことだってあります。

気持ちがあまりにも追い込まれるようであれば逃げる(債務整理を行う)選択を持ってください。

辛く苦しい状態なのに正面から借金と向き合う必要はありません。

だって借金を減額または0にする制度があるのですから

それも一つの選択です。

借金をリセットするチャンスがあるのです。

僕も借金から逃げました。

辛く苦しい生活から債務整理を行って脱却しませんか?

全国どこでも対応可能・相談無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました