自己破産、個人再生を晒した破産者マップ事件から子供達を守るために

今回の破産者マップの事件は皆さん予想もしなかったことだと思います。

破産者マップに晒されてしまった皆さんの中にはお子さんがいる方もいるのではないでしょうか?

僕にはまだ子供はいません。

ただ近いうちに産まれる予定にあります。

もし破産者マップがきっかけで子供がイジメられたらと想像すると悲しいです。

泣きたくなります。

お子さんがいる皆さんのことを思うと本当に心が痛いです。

子供は時として大人よりも残酷です。

自己破産、個人再生した理由など関係ありません。

今回の破産者マップの事件がキッカケで子供がイジメられた場合、助けてあげれるのはお父さん、お母さんであるあなたです。

晒されて今は辛い状況ですが気を確かに持ち子供を守っていきましょう。

子供をイジメから守るために

いつもより少しだけ多めに会話を持つ

今回の破産者マップの事件は今まで当たり前にあった日常とは違います。

それまで友達が多かったお子さんがイジメの標的になることは十分に考えられます。

学校で何かあっても子供はお父さん、お母さんには心配は掛けたくありません。

お父さん、お母さんが大好きですごく優しいです。

家では明るく振る舞うかもしれません。

表情を見たり口数が少なかったり逆に心配を掛けないように口数が増えるお子さんもいるかもしれません。

小さな変化に気づける態勢を整えておきましょう。

もしもイジメが始まっていたら無理して学校に行かせない

破産者マップは世の中の人からすれば今、旬の話題です。

土日を挟み学校に行ってみると既に嫌な思いをしたお子さんもいるかもしれません。

今、無理をして学校に行かせる必要はありません。

大人になって思うのは子供達は非常に狭いコミュニティーの中で生活しています。

学校生活だったり部活だったり塾だったりと狭い世界の中で生きています。

そんな中でイジメが始まったらあっという間に広がってしまいます。

春休みも始まります。

イジメが始まっていたら今は無理をして学校に行かせる必要はないでしょう。

転校を考えるのもアリ

ほとぼりが冷めるのを待ち転校を考えるのも一つの手だと思います。

自己破産や個人再生をしたばかりでお金がない方もいるかもしれません。

ただ今回の破産者マップの事件は今までとは違う非日常の世界です。

小学生、中学生、高校生は非常に多感です。

この時期に負った心の傷が人格形成に影響が出ることだってあります。

死にたいと思う子もいるかもしれません。

子供達は大人と違い簡単に相手に向かって嫌な言葉を口にします。

大変な時期とは思いますが状況によっては子供を守るために行動するべきです。

最後に

嫌だと思いますがほとぼりが冷めるまでは今までと違う非日常の世界だと思った方がいいです。

お子さんを守れるのはあなただけです。

被害対策弁護団  https://legalfunding.jp/project/4

破産者マップの弁護団も結成されています。

今、出来ることを探し行動に移しましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました