コロナウィルスの影響で仕事がないお金がない人は借金の整理を

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響で様々なイベント催物が中止や延期に追い込まれる状況になっています。

イベント催物が中止や延期に追い込まれてしまう=雇用、仕事にも影響が出てしまうということです。

また大型商業ビルや飲食店なども営業していると人が集まってしまうので営業時間の短縮や休業しているお店もたくさんあります。

2020年4月7日に新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて108

兆円の緊急経済対策が発表されました。

収入が減少した世帯には30万円の現金給付。

国民1人あたり10万円の一律給付に変更になりました。

中小企業向けに最大200万円。

個人事業主(フリーランスを含む)に最大100万円の現金給付することを発表しています。

国民1人あたり10万円の一律給付の発表はありましたが第二第三の経済政策がなければこのまま経済が萎んでしまうのでないかという不安が拡がっているのが現状です。

経済が萎んでしまうとたくさんの人が仕事はなくなり失業者が増えてしまいます。

借金がある人は不安な日々を過ごしている人もいるのではないでしょうか?

もしも先が見えなくて不安な方は僕のように行動に移してみませんか?

借金問題が片付くだけで肩がすごく軽くなります。

先が見えにくい今だからこそ悩みの種を減らすべきです。

コロナショックの今だからこそ借金を整理(債務整理)しよう

これから先のことは誰にも分かりません。

ただ新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響で不況に陥る可能性を秘めています。

しかも日本だけの問題ではなく全世界的に

世界恐慌がやってくる可能性だってあるのです。

これからは銀行、消費者金融が簡単にお金を貸してはくれない時代が来るかも

もしも今回の新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響で全世界的に景気が悪くなるとすれば銀行や消費者金融も今までと同じようにお金を貸してはくれなくなるかもしれません。

今現在、借金がある人は

『お金がなければまた借りればいいじゃん』

と思っている人もいるかもしれません。

今までが簡単に貸してくれたので

けどこれから先もしも景気が悪くなると今までと同じように銀行や消費者金融が簡単にお金を貸してくれるでしょうか?

返すアテがない人には簡単に貸してはくれません。

審査も今までと同じではないかもしれません。

より吟味してお金を貸すようになるかもしれません。

銀行や消費者金融も商売ですから

不況がやってきた時に借金があると心理的負担が大きい

お金がないからまたお金を借りようと思った時にもしもお金を借りることが出来なかったら

待っているのは絶望です。

身動きが取れなくなります。

絶望から死にたいと思うこともあるかもしれません。

そのような形で自らを追い込まないためにも今のうちに借金がある人は債務整理を行うべきです。

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響で不況になると残念ながら自殺者も増えてしまう可能性があります。

もしもその時にあなたに借金があると世の中の暗い雰囲気に飲み込まれ自ら命を絶つという選択をしてしまうかもしれません。

これからやってくるかもしれない不況に打ち勝つために借金の整理(債務整理)を

もしも不況になった時に借金があると心理的負担は計り知れません。

平時でも借金があると辛いですから

これから仕事がなかなかみつからない時代が来るかもしれません。

そんな時に借金があると待っているのは絶望です。

仕事がなくても借金がなければ命だけは食いつなぐことは可能です。

リーマンショックの時には年越し派遣村が出来ました。

他国と比べると日本はセーフティーネットがしっかりしています。

借金の整理を行いこれからやってくるかもしれない不況に備えましょう。

不況にならなければならないで借金がないことは肩の荷がおりて楽になりますよ。

今こそ借金がある人は行動に移すべきです。

全国どこでも対応可能 相談無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました