任意整理のメリットって何?簡単に出来るの?

任意整理とは裁判所などの公的機関を通さずに借金を減額できる手続きです。

貸金業者と直接、交渉し利息や毎月の支払い金額を減額してもらう方法です。

貸金業者との交渉は弁護士、司法書士などの専門家に任せることが可能となっています。

弁護士、司法書士に依頼した後は結果を待つだけになります。

任意整理は社会的なリスクの少ない債務整理です。

任意整理のメリット

弁護士、司法書士が介入し返済が一旦止まる。

弁護士、司法書士が介入し貸金業者に受任通知を送ることにより督促の請求が一旦止まります。

僕の場合は自己破産でしたが同じように返済が止まりました。

借金のことを考える必要のない期間ができ心に余裕が出ました。

気持ちに余裕が出るのは最大のメリットではないでしょうか。

特定の業者のみの交渉も可能(知人や職場は外せる)

家族や友人、会社からお金を借りている方もいらっしゃると思います。

自己破産、個人再生の場合は全負債を申し立てしないといけませんが任意整理の場合、特定の相手を省いての交渉が可能です。

人間関係を壊す恐れもありません。

裁判所への出頭がない。

自己破産の場合は原則、裁判所への出頭があります。

個人再生の場合も個人再生委員との面談があります。

僕は自己破産するまで裁判所にお世話になることはありませんでした。

大抵の方もそうだと思います。

形式的ではありますが裁判官との面談は精神的な負担は大きかったです。

家族、身内バレがしにくい

自己破産や個人再生は必要な書類が多いです。

配偶者の収入証明書や勤務先の退職金見込み証明書が必要になります。

任意整理の場合、基本的にどこからどのくらい借り毎月どのくらいの返済が可能かが分かれば十分です。

書類集めで身内にバレる可能性は非常に少なくなります。

車や住宅などの資産を残しながら債務整理を行える

先にも述べましたが特定の業者のみの交渉が可能になっています。

これはどういうことかというとマイホームのローンや車のローンが残っている場合、そこは省いて債務整理が行えます。

家や車のローンを返済しつつ借金の返済額を少なくすることが可能なのです。

自己破産や個人再生ではローンが残っている場合省くことは出来ません。

最後に

任意整理は他の債務整理に比べ比較的簡単に早く手続きを行うことが可能です。

また特定の相手を省いて交渉が可能です。

友人や知人、会社からお金を借りている方や簡単に早く手続きを終わらせたい方にオススメの方法になります。

全国どこでも対応可能・相談無料


コメント

タイトルとURLをコピーしました