借金で生活が苦しくても夜逃げの必要はない債務整理で解決

僕はFXで失敗し借金を1500万円し自己破産しています。

1500万円の借金がある時は本当に生活が苦しかったです。

自殺をしようと考えたこともありました。

借金があり生活が苦しいと今ある生活を全て投げ出し夜逃げをしようと考えたことがある方もいるのではないでしょうか?

ただちょっと待ってください。

借金問題で夜逃げをしても何も解決してはいないですよ。

夜逃げが成功したとしてその後に住む場所はどうするのですか?

夜逃げが成功したとしてお子さんの学校はどうするのですか?

夜逃げが成功したとしてその後の仕事はどうするのですか?

夜逃げが成功しても大抵の場合その後の収入は0です。

生活が苦しいままで全く何も解決ができないのです。

借金で生活が苦しい時に夜逃げは得策ではない

夜逃げをしても借金は残ったまま

借金で生活が苦しいので夜逃げが成功したとしましょう。

夜逃げが成功して身元を眩ませたとしても借金が消えるわけではありません。

夜逃げを考える場合、借金の時効を期待しているのではないでしょうか?

確かに借金には時効があります。

銀行やアイフル、アコム、プロミス、レイクなどの消費者金融、クレジットカード会社、信販会社いわゆる貸金業者の場合は5年

個人や信用金庫からの借金の場合は10年です。

ただし時効で借金が無くなることは難しくある現実があります。

債権者からの請求が来ると時効のカウントは0になる。

借金の時効には中断という制度があります。

債権者から裁判により請求されると時効のカウントはまた0に戻ってしまいます。

例えば銀行から借金があり最終返済日から4年間、音沙汰もなく生活が出来ていたとします。

時効まで残り1年の状態でも裁判所を通して請求があるとカウントはまた0に戻ってしまうのです。

夜逃げして直接、通知が来ていなくても関係ありません。

請求があった時点で借金の時効のカウントは0に戻ってしまうのです。

夜逃げに成功したとしても時効を迎えるのはほぼ不可能に近いのです。

病院では医療費が10割負担に

夜逃げが成功したとしましょう。

夜逃げが成功して隠れているので住民票を移すことは出来ません。

もちろん健康保険の加入も難しいです。

もし大病をしてしまった時に医療費が10割負担では入院することも難しくなります。

住民票が取れないので就職も難しい

住所不定の方を雇う職場はほとんどないのではないのが現状です。

家がない、住民票が取れないでは就職も難しいです。

子供がいる場合、学校にも通わすことが出来ない

住民票を移すことが出来ないということは子供にも影響してきます。

転校の手続きも出来ません。

夜逃げは子供に与える影響も大きいです。

夜逃げをすることにメリットはない

夜逃げをすることにメリットはありません。

夜逃げは社会的に存在を抹殺させながら生きていかなければなりません。

デメリットしかないのです。

家族にまで影響を与えて生きていくことは借金があることよりも辛いことです。

借金問題は債務整理で解決を

借金があることにより生活が苦しいのであれば正攻法で借金問題の解決をしましょう。

自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理を行えば逃げ回る必要はなくなります。

社会的に存在を消して生きていく道は困難なことばかりです。

自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理を行い苦しい生活を終わらせましょう。

債務整理が明るい未来の第1歩です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました