ボートレース競艇で借金をした人が読むブログ

僕はFXで失敗し1500万円の借金をし自己破産しています。

自己破産する前にボートレース当時は競艇と呼ばれていた時代に遊んでいた時代があります。

なんでボートレース競艇を遊んだのか

初めて遊びに行った日のことを僕は今でも忘れません。

最終の12レースで事件はおきます。

僕は当時A1A2B1B2のクラス分けもわかっていません。

なんとなくその日の前のレースで調子の良かったボートレーサーを調べて3連単3点BOX買いをします。

当時はまだ学生だったので600円の出費もかなり痛く舟券を握りしめてレースを見ていました。

レースが終わりビギナーズラックを経験することになります。

なんと3連単6万0000円の配当が当たったのです。

ボートレース競艇を続けてこの時の配当を超えたことはありません。

払い戻しに並んでいる人もほとんどいなく当時の僕にとってとんでもない金額のお金を手にします。

アドレナリンも出まくり瞳孔開きまくりだったでしょう。

もしかしたらこの時の経験が自己破産に繋がってしまったのではないかと感じることもあります。

そのぐらいこの時の経験は大きくギャンブラーとして目覚めた瞬間だったと思います。

結局ギャンブラーとして目覚めた僕は後々1500万円の借金をし自己破産してしまいました。

ボートレース競艇をしている方の中には借金をして遊んでいる方もいるのではないでしょうか?

もし借金をして遊んでいる方は今すぐ競艇から一旦、離れてください。

ギャンブルでの借金返済は無理だと考えてください。

ボートレース競艇での借金返済は難しい

ボートレース競艇がキッカケで借金をしてしまった場合ボートレース競艇で儲けて借金返済することはほぼほぼ不可能です。

日本にはボートレース競艇以外にもたくさんのギャンブルがある

日本には競馬、ボートレース競艇、競輪、オートレースまた街中にはパチンコなど多くの種類のギャンブルがあります。

お小遣いの範囲で楽しむのであればギャンブルはとても良い趣味です。

借金をしてまでボートレース競艇をしたいと思うようになったらやめ時

銀行や消費者金融でカードローンを作ってまでボートレース競艇をしたいと思っているのならすぐにやめて下さい。

僕みたいに泥沼にハマり自己破産することになります。

1度、借金をしてボートレース競艇をすると雪だるま式に借金が増えていきます。

これはほぼ間違いありません。

唯一、勝てる望みがあるとすれば賞金王決定戦などのビッグレースで100万円1点勝負などをしてギャンブルを止めることが出来た時だけだと思います。

賞金王決定戦などのビッグレースでなければ高額な金額を賭けるとオッズが急に変わってしまうので

ただし普通の精神状態ではないので負けることがほとんどでしょう。

なぜボートレース競艇での借金返済は難しいのか

なぜ借金があるとギャンブルは勝てないのか

やはり精神状態の影響が大きいです。

負けが混むと1回で取り返そうとするので賭ける額も大きくなります。

たまに取り返す事も出来ます。

そこでやめれたらいいのですがボートレース競艇好きは最終12レースまで続けてしまいます。

負けを取り返すだけでは満足できないのです。

大きい金額を賭けて勝てたことを忘れていません。

儲けた時の興奮を求めます。

そうなると結局サイフの中にお金がなくなるまで続けてしまうのが借金がある状態のボートレース競艇好きです。

負けているのに借金もギャンブルで返そうとします。

負けたら1度で取り返そうとし儲けたら深追いをし損をし借金の返済が出来なくなり新しくカードローンの契約をする借金の無限ループに入っていきます。

僕が借金の無限ループに入った時は自殺を考えた

借金の無限ループに入ると月々の返済額も大きくなり返済が困難になります。

気持ちも落ちて僕は自殺を考えるようになりました。

借金が少ないあなたは今が辞め時、借金の額が大きければ自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理をする

借金の額が少なく生活を圧迫してなければ今すぐにギャンブルはやめて下さい。

返済することだけを考えましょう。

カードローンを2枚以上契約している方はすぐに債務整理を考えましょう。

自分は人と違うと思わないでください。

ここまで来るとボートレース競艇での借金返済はほぼ不可能です。

自分は人と違うと思っているあなたはギャンブル依存症の傾向があります。

傷口が浅いうちに任意整理を考えて下さい。

任意整理でも返済で生活を圧迫する方は自己破産、個人再生をして生活を立て直しましょう。

最後に

ギャンブルはほどほどであれば楽しいですしとても良い趣味だと思います。

ただし自分のコントロールが出来ない方はすぐにやめてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました