借金のある人必見!任意整理のデメリットとは

任意整理とは裁判所などの公的機関を通さずに借金を減額できる手続きです。

貸金業者と直接、交渉し利息や毎月の支払い金額を減額してもらう方法です。

貸金業者との交渉は弁護士、司法書士などの専門家に任せることが可能となっています。

弁護士、司法書士に依頼した後は結果を待つだけになります。

任意整理は社会的なリスクの少ない債務整理です。

任意整理のデメリットってあるの?

借金の減額が他の債務整理より少ない

任意整理では基本的に元本が減るということはありません。

考え方として将来、支払わないといけない利息の免除や月々の返済額を行うのが任意整理になります。

利息が減るぐらいでは生活の立て直しが難しい場合は向きません。

その場合は自己破産や個人再生がオススメです。

債務者側が応じないケースあり

任意整理は法的な効力がありません。

消費者金融や貸金業者の方針によっては任意整理に応じない場合もあります。

その場合は自己破産や個人再生を視野に入れなくてはいけません。

5年間はクレジットカードが作れない 住宅ローン、マイカーローンが組めない 消費者金融でお金を借りることが出来ない

任意整理を行うと個人信用情報機関に登録されてしまいます。

いわゆるブラックリストの状態です。

これは自己破産、個人再生も同様になります。

返済が遅れて督促状が来ている場合や法的措置が取られている場合は任意整理出来ない

任意整理では給与の差し押さえまでなっている場合に止めれる効力がありません。

自己破産、個人再生と比べ簡単に終わらせることができる分、仕方がないのかもしれません。

その点自己破産や個人再生の場合、法的な効力があるので給与の差し押さえなどを中断させることが出来ますし手続きが完了すれば差し押さえを失効させることが可能です。

最後に

任意整理は法的な効力がないため簡単に手続きを終わらせることは出来ますが自己破産や個人再生と比べると債務者側の出方次第の部分が出てきます。

また何度も述べていますが他の債務整理と比べると借金の返済の減額が少なくなります。

メリット、デメリットを比べあなたの状況にあった債務整理を選択して下さい。

弁護士、司法書士などの専門家の意見が非常に重要になります。

迷っているのならすぐに相談してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました